資金繰りは死活問題になります

資金繰りは企業にとって、重要なことであり、まさに死活問題です。

ファクタリングの比較のサイトが登場しました。

大企業でも困っている場合はあります。
それはお金がない、というよりはタイミング的にお金が回っていないだけのこともあります。ですから、資金繰りの方法はいくつも知っているのが良い経営者であると言えます。


大企業であれば、社債や融資を受けることも比較的容易です。
上場企業であれば、株式の発行もよいです。

しかし、中小企業ではどうしてもそうしたことができないです。

融資は受けることができる可能性もありますが、資金繰りがよくない、と言うこと自体がマイナス評価になりますから、実に厳しいです。


それでも方法がないわけではなく、一つは担保を差し出すことです。これはどんな融資を受ける時にも言えることですが、非常に有効的です。



担保の価値の分は少なくとも回収が確約されているわけですから、これは融資を受けられる可能性が高くなります。
もう一つは手形を使うことです。

手形による支払いを受けている場合、それを現金化することによって、資金繰りに使えます。これが手形割引と言う行為であり、かなりメジャーなやり方になります。



手数料等は引かれることになりますが、決して極端に高いわけではないので、やるメリットは大きいです。

ちなみにもし、不渡りになったとしたら、裏書人としての支払い義務がありますから、これは注意することです。ですから、まったくのノーリスクで現金化できるわけではないです。