資金繰り改善のポイントについて

経営者にとって資金繰りをしっかりと理解することは、その原因を理解しどのようにすれば改善することができるのかを把握することにつながります。

ファクタリングの最新情報が揃っています。

資金繰りをしっかりと把握することによって、資金を上手に回して資金調達だけではなく、運用の効率化を図ることができます。
資金繰りの仕組みとしては、資金と利益は一致しないと言うことを理解しておきます。

利益が出ていれば会社は必ずしも儲かっていると言うことではありません。


資金不足はなぜ発生してしまうのかというと、売り上げが増加することで資金が不足すると言うことが考えられます。


売り上げが増加して利益が出ても、仕入れ代金の支払いが先行してしまうと資金が不足します。
現金商売の場合、売り上げ入金が選考すると仕入れ代金が後払いとなってしまうので、売上額は資金繰りを悪化させることにつながってしまいます。このほかに在庫が増えて資金不足になったり売上代金が回収されていないと言うことから資金が不足するなどが考えられます。



このようにさまざまな原因がああると言うことを踏まえて、問題を改善していく必要があります。


改善のためのポイントは、まず売上債権の早期回収を実現させることが大切です。
そのために債権調査の実施や請求漏れや請求ミスの防止に努める必要があります。

また過剰や不良在庫発生を防ぎ、棚卸し資産回転率を向上させます。
したがって在庫管理体制の見直しが必要になります。
このほかには経費内容の見直しや削減、業績評価システムの見直しを行うことで資金繰りを改善させることができます。