お客さんをもてなすことを突き詰めて資金繰り!

喫茶店の扉をくぐり、店員に案内された席に着いたなら、ほどなくウエートレスが水の入ったグラスを持ってきて、目の前のテーブルに置きます。


そのとき、置かれたグラスの位置を気にしたことがあるでしょうか?正面でも左側でもいけません。

お客さんから見て正面よりみ右側、右手を真っすぐ伸ばした位置に置かれていれば、彼女たちは一流のウエートレスです。
多くの人は右手でグラスを持って飲みます。
その手を自然に伸ばしたところに置けば、ストレスなく自然な動作でグラスの水を飲むことができます。

おすすめのファクタリングについて調べるなら、こちらをご覧ください。

注文したコーヒーを置くときは、正面よりやや左です。



それがメーンの売り物であるから、というだけではありません。
左手でソーサーを持ってカップを引き寄せ、砂糖を入れたら右手で持ったスプーンを使ってかき回します。


つまり両手を使いますから、お客さんの正面より左に置くのがよいのです。飲食店の給仕は、広く募集されている職業です。


資金繰りのために働いている学生のアルバイトも多いものです。



そのような、一見カンタンそうに見える仕事でも、お客さんをもてなすということを突き詰めていくととても奥が深いのです。


それに気づいて実行できる人は、どのような仕事をしても頭角を表し、資金繰りをすることができるでしょう。
また、得意な人がそれぞれに違うものを作り出し、お金を媒介に流通させ、資金繰りをすることで、社会が多様になっています。


お金は、全ての物やサービスを、必要とする人に届けるための媒介です。